【ガングリオン@情報ガイド】 -原因・治療・手術編-


ガングリオンに関する情報をご紹介

【ガングリオンとは何か】

ガングリオンはなぜできる

ガングリオンは、あまり一般的には馴染みがない病気です。
しかし、20代から50代かけて起こりやすく、特に若い女性にはガングリオンであるという悩みを抱えている人も少なく無いようです。
米粒程のあまり目立たないものもあれば、目で見てすぐにわかるといった比較的大きめのものもあるようですが、常に痛みを伴う訳ではありません。
でも、大きくなってくると神経を圧迫するので痛くなる場合もあるようです。
ガングリオンは、関節と密接に関係があります。
関節を包んで保護している役割のある間接包や、腱を包んでいる(やはり保護をする役割があります。
)腱鞘が変形することでガングリオンになるようなのです。
何故このように変形してしまうかということは、実は解明されてはいないようなのですが、昔のケガや関節炎との関係性があるのではないかと言われているようです。
つまり、特定の原因があって起こる訳ではないので、何らかの予防をすることは出来ないのです。
痛みは無いけれど気になる、なんとなく不快感があるならば、整形外科で受診すると良いでしょう。
一般には馴染みがないのですが、整形外科では比較的ポピュラーなものなので、すぐに診断が下される場合が多いようです。
腫れているし堅い感じがあるということで、腫瘍かもしれないと思って不安になるかもしれませんが、腫瘍ではなく腫瘤なので、ガングリオンと診断されれば安心でしょう。
また、時間とともに自然に消滅してしまう場合もあるので、比較的小さなものであれば、ガングリオンであるかどうかの受診のみで、経過観察のみで終わる場合もあるようです。
なぜできるのか、といった原因が分からなくても、その治療方法や対処方法はあるので、安心しましょう。


▲このページの上部へ