【ガングリオン@情報ガイド】 -原因・治療・手術編-


ガングリオンに関する情報をご紹介

【ガングリオンとは何か】

自然に治るのか?

整形外科などで受診をして、ガングリオンと診断された場合、治療の方法の一つに経過を見るというものがあります。
これは、ガングリオンは自然に消滅する場合もあるために、不要な治療をする必要が無いからです。
もともと、自然に関節包が変形したものであることから、自然に治ってしまうこともあるのです。
米粒や小豆ぐらいの大きさであれば、比較的自然に治りやすいようなのですが、それよりも大きくなったのであれば、やはり何らかの治療を受けたほうが良いかもしれません。
また、何か物に当たることで関節包が破れて中の液体が出てくることもあり、そのまま自然に治るという場合もあります。
現代のような整形外科的な治療方法が無かった時代には、故意に叩いたり何か堅いものにぶつけることで、治療としていた時もあり、今でもお年寄りの人などはそのように言うかもしれません。
しかし、今ではしっかりとした治療方法が確立されているので、受診し治療を受けることをおススメします。
衛生的な面でもやはり受診した方が無難でしょう。
もちろん、自然に何かに当たってしまい、結果として消滅したのであれば、それはそれで問題が無いので良いでしょう。
しかし、わざわざぶつけたり叩いたりはする必要はありません。
形などが気にならなかったり、あるはい生活に支障がないのであれば、しばらく経過を見てみてください。
ガングリオンであれば、整形外科においてもそのような経過観察といった診断をされる場合もあるでしょう。
でも、ガングリオンは自然に治るのかどうかといったことは、自分の判断は難しいものがあります。
放っておくと大きくなってしまったり、神経を圧迫して痛みも出てくるので、やはり時期を見て一度受診をしてみたほうが良いでしょう。

▲このページの上部へ