【ガングリオン@情報ガイド】 -原因・治療・手術編-


ガングリオンに関する情報をご紹介

【ガングリオンとの付き合い方】

ガングリオンの診断方法

手や腕になにか堅くてぼこっとした感触のものが出来てしまったら、不安になってしまうのではないでしょうか。
しかし、多くの場合はガングリオンであるようなので、あまり不安に思う必要は無いようです。
ガングリオンは、主に20代から50代前後の女性にできやすいもので、手や指の関節付近に固まりがあるような感じになります。
特に、若い女性に出来やすく、見た目もそんない良いものではないので、意外と悩んでいる人も少なくないようです。
小さなものであれば、自然に消滅することもあるのでそのまま放っておいても良いのですが、大きくなる可能性もあり、場所によっては神経を圧迫して機能に何かしらの障害を起こすこともあるので、できれば受診をした方がいいでしょう。
整形外科で診てくれるのですが、診断の方法は、出来ている腫瘤に注射をして中の液体を抜き出すことで判断をします。
これを穿刺といいますが、治療としての穿刺吸引も同じです。
この取出した液体が黄色くゼリー状のものであれば、ガングリオンという診断を下すのです。
しかし、表層にあるものならば、このように穿刺によって判るのですが、もっと骨に近い部分で奥の方に在る場合もまれにあるようです。
見た目には何ともないけれど、動かしてみると変な感じがしたり痛みがある場合には、エコーなどを使って診断をします。
エコーで場所を確認した後に、注射針を刺してみて液体が吸引されれば、ガングリオンという診断を磨るわけです。
エコー自体は痛みはないのですが、やはり注射というとある程度の痛みを感じてしまうかもしれません。
しかし、ガングリオンが大きくなると、それ以上の痛みが発生する場合もあるので、少し我慢をして診察を受けた方がいいかもしれません。

▲このページの上部へ