【ガングリオン@情報ガイド】 -原因・治療・手術編-


ガングリオンに関する情報をご紹介

【ガングリオンを治療する】

ガングリオンの治療方法

整形外科に受診して、ガングリオンと言われた場合、どのような治療方法があるのかも、気になるところです。
手術をすることになったらちょっと怖い・・と不安に思ってしまうかもしれません。
でも、手術による除去という方法もありますが、それはほんの一部のようです。
基本的には、自然消滅をするものであるといった認識が主流なので、経過観察をしてどのようになっていくのかを見守るといった場合が殆どのようです。
これは、痛みが無ければ、放置しておくことで自然に打撲などでつぶれる場合、もしくは自然に無くなってしまうという場合などがあるからです。
しかし、大きくなってしまったり、場所によっては神経を圧迫してしまうことから、しびれや痛みが発生することもあります。
これは、特に運動神経障害と言われるもので、生活をするのに支障をきたしかねない場合もあるのです。
さらには、手のひらの親指の付け根などが委縮してしまう場合もあります。
このような場合には、注射器により中の液体を取り出すという、穿刺という治療方法を用います。
穿刺吸引とも言われていますが、中の液体を取り出すことで、1回で治ってしまうこともあれば、数回行っておくうちに自然に治るという場合もあるようです。
ですが、何回か穿刺治療を行っていても、何度も同じ場所にガングリオンが出来てしまうのであれば、やはり手術をすることになるでしょう。
基本的には、根本である「ふくろ」を除去することになるのですが、除去をした後でも再発をする恐れもあるようです。
つまり、簡単に手術をすれば治るとは言えないので、医師とよく相談をしましょう。
また、最近ではレーザーによる治療方法もあるようなので、いろいろ情報を集めてみましょう。

▲このページの上部へ