【ガングリオン@情報ガイド】 -原因・治療・手術編-


ガングリオンに関する情報をご紹介

【ガングリオンを治療する】

手術は必要か

ガングリオンの治療には、経過観察、穿刺吸引、そして手術があります。
多くの場合、自然に治ることから経過観察、あるいは穿刺吸引の処置をすることで殆どの場合は治ってしまうようです。
ガングリオンが大きくなってしまったために、痛みを伴ってきたり、運動神経に影響を与えてしまい、しびれを感じるようであれば、手術を行うこともあるようですが、多くの整形外科では、経過観察や穿刺吸引をして様子をみることを治療の主流にしているようです。
では、どのような時が手術をする必要があるのでしょうか。
やはり、痛みが酷い場合や、何かしらの障害を伴っている場合には手術をして早くそのような症状を無くす必要があるでしょう。
また、ガングリオン自体があまりにも大きくなっている場合なども、やはり穿刺吸引だけでは治せないようです。
ガングリオンは、小さなものでは止め粒大、もしくは小豆ぐらいの大きさで、大きくてもピンポン玉ぐらいなのですが、それよりも大きくなってしまうと、中の液体を抜きとったとしてもまた再発をしてしまう場合が多いようなのです。
また、穿刺吸引をし経過を観察していても、何度も再発するようであれば手術が必要になります。
再発の頻度と症状にもよるのですが、その点はやはりそれぞれの医師の判断ということになるでしょう。
手術もそれほど難しいものではないのですが、手の動きが少し不自由になったり、もしくはぎこちなくなったりする場合があるので、ガングリオンだからすぐに手術をする、ということは避けているようです。
手術は最後の手段と考えたほうが良さそうですね。
手術をしたくないのであれば、ガングリオンが小さなうちに受診をしておいた方が良いでしょう。

▲このページの上部へ